薬学部に関する情報

薬学部のメリット

Google

専門分野の仕事の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 薬学部に関する情報

新着情報

過去の情報一覧

薬学部へ入学する事について

大学の薬学部は通常の学部と異なり就学年数が6年間で、将来薬剤師になるという事を前提としたカリキュラムになっています。薬剤師になるには薬剤師国家試験に合格する必要があり、勉強をして医薬品に関する専門知識を身に付けます。薬剤師の仕事内容は医師の処方箋に基づく医薬品の調合や、患者への医薬品に関する説明が中心です。比較的高収入である場合が多く、クリニックや調剤薬局などでの需要も多いです。そのため大学の薬学部へ入学する事は将来薬剤師として、安定した高収入を得る仕事に就く事に繋がるメリットがあり人気が高いです。

学校と予備校の本質の違い

最近、予備校など放課後に勉強をする学生が非常に増えています。同時に学校の授業を疎かにしがちな学生も増えています。ここは勉強がメインの目的ではありません。小さな社会です。後輩、同僚、先輩、そして先生という名の上司がいて、与えられた仕事、つまり学業があります。そして、礼儀作法や、責任感など、社会にでるための「基本」を教わるのです。その反面、予備校は「応用」を教わるのです。取り組む姿勢なども厳しくなければいけません。「基本」を疎かにして「応用」が身に付くはずはありません。「基本」と「応用」の両立が大事なのです。