町田市で平均的な葬儀にかかる費用を教えます

前もって葬儀のことを備えておくなどということは不謹慎に思う方もいるかもしれませんが、事前に葬儀に関する知識を頭の片隅に置いておくだけでも、いざという時には役に立つかもしれません。日本は高齢化社会を迎え、平成29年には高齢者といわれる65歳以上の総人口に占める割合が25パーセントを超えました。この割合は年々更に増加する見込みとなっています。最近では終活の一つとして、生前に自らの葬儀のプロデュースや希望を残す方もいるほどです。ある日突然、予期せぬ不幸がいつ訪れるかわかりません。町田にも葬儀場は多くありますが、その形式や規模は様々です。オリジナルなスタイルに応える葬儀会社もたくさん出てきています。多様化する葬儀の中でも一般的な形式や費用について、いくつかご紹介したいと思います。

葬儀の形態とそれぞれにかかる費用とは

自宅で葬儀を行う自宅葬と呼ばれる葬儀は年々減っています。核家族化が進み、都市部などではマンション住まいなどが増えているのも理由の一つです。今では葬儀場や斎場での葬儀が主流となり、その形式も様変わりしつつあります。一般葬は身内や親族だけでなく、近隣住民の故人に縁のあった人が多く参加する規模の大きな葬儀です。町田の葬儀の場合、費用は基本的なプランで70万円前後のものが多く、香典返しや弔問客への料理などは人数などによって変わりますので含めません。家族葬は家族や親族、故人の親しい友人のみが参列する小規模な形式です。参列者が少ないので、会場や香典返しにかかる費用を少なくすることができます。費用は香典返しなど別料金で50万円前後のプランが多いでしょう。告別式などを行わず、火葬のみの場合は費用が最も低く、20円前後のプランが主流です。

どのような葬儀場を選ぶとよいのか

町田市には交通の便や立地のよい葬儀場が数多くあります。悲しみに暮れる家族や親族にとって、自宅から葬儀場への距離が近ければ、負担も多少は軽減されるものです。多くの葬儀場は告別式の後、火葬場への移動が必要になるため、バスを利用することが多いでしょう。参列者には高齢者も多いですので、バスでの移動は意外と体への負担が大きいものです。火葬場に葬儀場が併設されている場合は、このような移動の必要がなく、時間的にも短縮することができますので、これは大きなメリットになります。火葬場は近隣の市町村と共同で利用している場合が多いので周辺地域で利用検討するのもよいでしょう。ただし、場所が遠方になってしまうと、そこまでの移動自体が負担になる場合がありますので、よく考えてよりよい場所選びをすることが大切です。