学生は毎年注目の求人状況

今年の求人状況とは

Google

専門分野の仕事の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学生は毎年注目の求人状況

新着情報

新卒求人倍率と業界傾向

2014年度の新卒の有効求人倍率は1.28倍と、前年の1.27倍と比べてほぼ横ばいとなっており、政府の経済政策による景気浮揚感は、採用にはほどんど影響がでていないという結果となりました。しかしながら、採用数の減少が進んでいた金融業界、建設業界では、わずかながらプラスに転じ、求人数の下げ止まり傾向がみられます。また、依然としてマイナスが続いている製造業においても、自動車など一部の製造業では、採用数を増やす動きも見られます。リーマンショック以降、落ち込んだ採用市場が徐々に持ち直し、雇用環境は改善しているといえます。

新卒学生の就職活動の仕方

新卒学生の就職活動に関しては、様々な意見が飛び交っているが現在、どのような就職活動が行われているかの実態を時期と共に示す。12月前数多くの載っている求人サイトに登録する。12月エントリー解禁となり、多くの学生が気になる企業に求人サイトや企業のHPを通じてプレエントリーをする。※プレエントリーとは、学生が企業に、少し興味があるので貴社の募集情報をくださいと意志表示をするようなもの。1月多くの学生が、説明会に足を運びながら企業分析や自己分析を行う。この時期は、学校のテスト期と重なる。2月説明会にひたすら参加する3月本エントリーの山場※本エントリーとは企業にエントリーシートを提出し、選考に参加すること。4月面接ラッシュ一日、3社こなす日々が続いたりする。以上が、新卒学生の就職活動状況である。